2017年02月20日

乾燥肌かゆい。これがおすすめ。


冬になると起こる
乾燥肌かゆみは嫌になりますね。


肌は白く粉をふき、カサカサ、ザラザラ。
酷くなると赤くなって湿疹ができます。


そして痒い!!


私は下着の締め付け部分(胸の下や下着のゴム部分)
脇・背中・太もも・・・要は全身が1日中ムズムズと痒い!!


かいてもかいても痒い!!
そのうち爪が引っかかって
ミミズ腫れになったり
湿疹ができたり
赤くなってヒリヒリして痛痒くなります。


これは乾燥によって肌バリア機能が低下して
下着の締め付け、気温の変化、衣類のチクチク、
肌触り等に敏感になってしまう事で起こります。


「乾燥肌には保湿が必要」と言うけれど
入浴時のお湯は肌にしみて痛いですよね?


シャワーのお湯が肌に当たると痛いし、
湯船に浸かるとお湯が攻撃してくるような感じ。
痛い!!痒い!!


なんで?!∑ヾ( ̄□ ̄;)!!
潤い不足なんだからお風呂のお湯で補えないの?!


そうなのです。
普通に入浴するだけでは
潤いを補うための『何か』が足りないのです。


そこで!!
重度のアトピーの娘さんのために開発された
保湿スキンケアの「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」を試しました。


EqVEclvPjL42Qv61487925672_1487925750.png


肌潤糖は砂糖を原料とした保湿ケア用品です。


eynKHEDa9tNIlN51369897768_1369897781.jpg


砂糖は保湿に必要な2つの力に優れているのです。


●実は砂糖は保湿に必要な2つの力に優れているのです。
●浸透力    (自然に溶け込み、なじんでいく力)
●吸収・保湿力  (水分を取り込んで外に逃さない力)


保湿に必要な二つの保湿浸透力が
角質層まで潤い素早く浸透させ、
肌バリア機能をサポートしてくれます。



なんと原材料の80%は砂糖(ビート糖)でできています。
残り20%は肌を傷つけないために周りにコーティングした植物性オイル。


18bJzvx31CLdyaT1487906945_1487907350.png


全成分が食品でできているので
万が一、口に入っても大丈夫。
(でも食用では無いので食べてはダメですよー。)


アトピーの方や赤ちゃんにも使えます。
原料が植物由来なので全身どこにでも使える優れもの。(๑•̀ㅁ•́๑)✧


s0ms_caCIRV7tS91429110949_1429110968.jpg


肌潤糖の使い方はすごく簡単。


私は全身に使うので入浴時に使用します。


①肌潤糖を付属のスプーンで1杯取り
手の平にのせます。


_AIlFiGsCWxrKOm1369897805_1369897815.jpg


②水を加えてペースト状にします。


LINbz649Pl2JUKU1369897834_1369897845 (1).jpg


③ペースト状の肌潤糖を肌の気になるところにぬります。
優しくマッサージするように馴染ませます。
砂糖スクラブのつぶが残っているのがわかります?
つぶは馴染ませていくと体温と水分で溶けていきますよ。


3PEdh3Scq0AJPYX1429110870_1429110888.jpg


④つぶが溶けるとテカテカ&ベタベタのテカベタ状態になります。
テカベタ状態で1~2分間置いて
角質層まで潤いを浸透させます。
柑橘系の良い香りがお風呂場に広がります。


E6MB0kIqXMUBl2_1429110905_1429110921.jpg


⑤1~2分浸透させたらぬるま湯でサッと洗い流して終わりです。


気になる効果は?!

一番にビックリしたのは
下着の締め付けによる肌の赤みとかゆみ。
肌の赤い部分がうっすらピンク色になって
しっとりと潤っています。


うん!!痒くなる気配がないの。(๑•̀ㅁ•́๑)✧


あくまでも私個人の感覚ですが
乾燥肌のかゆみは肌表面ではなく
皮膚の下1mmくらい下に
「かゆみの元」があるような感覚があります。


なのでいくら保湿クリームを塗っても
肌表面が潤うだけで皮膚下の「かゆみの元」までは
潤いが届かないのです。


でもね!!
肌潤糖をぬった肌は違う!!ε-(`・ω・´)フンッ


届いてる!!
潤いが皮膚の1mm下の「かゆみの元」まで潤っている!!
これが砂糖の保湿浸透力?!


肌の表面はしっとりしているの。
肌潤糖の成分は砂糖とオイル。


砂糖は肌に浸透して潤いを与え、
オイルは肌表面を潤し、
内側に浸透した砂糖の潤いが逃げないように
フタの役割をしてるみたい。


肌の表面と内側がしっかり潤っているので
乾燥肌対策がしっかり出来てる!!
肌がかゆくなる気配がないの!!
素直にそう思えるほど肌の状態が良いです。


肌潤糖は肌の角質層に潤いを与え、
肌本来が持ってる肌バリア機能を補助してくれるんです。
「治すのは自分のチカラ」なのが良いですね。


とりあえず、
お見苦しくて申し訳ないですが
私のガサガサのカカトの
ビフォーアフター画像をご覧頂くと
肌潤糖の効果がわかりやすいと思うのでご覧下さい。


肌潤糖を一度使用しただけで
ガザガサだった私のカカトはこうなりました。


zD2CSt0o1h53lB61487907755_1487907975.png


肌潤糖の肌に潤いを届けて
保持する効果を実感しています。


お手頃価格のお試しサイズがあります。





乾燥肌かゆい.biz













posted by yume at 15:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

乾燥肌かかとのひび割れにも肌潤糖。

乾燥肌でかゆい・・・・。
つい掻いてしまって肌は赤くなり湿疹ができる。
爪でひっかき傷ができる。


そして何をしていてもムズムズと身体中が痒い。
下着の締め付け・脇・太もも・背中・・・
我慢していても一度かいてしまうとあちこち痒くなる。


乾燥肌かゆみには何と言っても保湿です。
保湿と言えばボディクリームを思い浮かべますが
保湿クリームは肌表面は潤って
一時的にかゆみは治まるけど
数十分後にはかゆみが復活しませんか?


乾燥肌のかゆみの原因は
肌バリア機能の低下により起こります。


肌の角質層は本来、外部の刺激から肌を守る
バリア機能の働きがありますが
角質層に隙間ができます。


隙間があるために刺激となる
アレルゲンや紫外線が肌の内側に浸透しやすくなります。
その結果、肌トラブルの原因となるのです。


そうなのです。
健やかな肌つくりのためには
肌に十分な潤いを届けて保持して
バリア機能を向上させる事が大切です。


そこで!!
重度のアトピーの娘さんのために開発された
「みんなの肌潤糖」を試しました。


EqVEclvPjL42Qv61487925672_1487925750.png


肌潤糖は原料の80%が砂糖(ビート糖)
残り20%は肌を傷めないようにコーティングされた植物性オイルです。


18bJzvx31CLdyaT1487906945_1487907350.png


肌潤糖は全成分が植物由来なので
万が一、口に入っても大丈夫。
赤ちゃんにも使えます。(๑•̀ㅁ•́๑)✧
(※でも食用に加工されていないので食べてはダメです)


砂糖は保湿浸透力に優れていて
肌の奥まで潤いを届け、
オイルは肌へのクッション効果と
浸透を均一にさせる効果があります。


オイルは肌の奥に浸透せず、
中の砂糖だけ角質層に届きます。


砂糖が肌の内部に潤いを与え
オイルが潤いを逃さないようにフタをするような感覚です。


肌潤糖の使い方は簡単。


まずは付属のスプーン1杯を手の平にとります。

_AIlFiGsCWxrKOm1369897805_1369897815.jpg


水を加えて混ぜてペースト状にします。


LINbz649Pl2JUKU1369897834_1369897845 (1).jpg


あとは気になる場所にぬります。
(※肌潤糖を塗る前に肌は洗って清潔な状態にして下さい)


砂糖スクラブです。
砂糖のつぶは体温と水分で溶けていくので
手で優しく肌に馴染ませます。


3PEdh3Scq0AJPYX1429110870_1429110888.jpg


乾燥肌で湿疹や赤みのある肌にぬると
砂糖のつぶがしみて痛いのでは・・・・?
と、思ったら痛くない!!(あくまでも私の場合)
これが塩スクラブだと痛い気がする・・・^^;


肌潤糖を馴染ませると
肌の角質層に浸透させるために1~2分置きます。


E6MB0kIqXMUBl2_1429110905_1429110921.jpg


1~2分経過したらぬるま湯でサッと流して下さい。
ビックリするくらい肌がしっとりします。


私のかかとのひび割れも肌潤糖を
一度使用しただけで変化がありましたよ。


KdDiU1VTbVyt78c1388112545_1388112719.png


皮膚が固くなったカカトでも激変。
詳しくはこちらの記事に書いています。




乾燥肌かゆい.biz




posted by yume at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

アトピーの娘の肌にも変化が!!これ一つで顔や全身に使える保湿スキンケア。


5歳の娘はアトピーです。

皮膚科で処方されるステロイドと
保湿ローションを毎日ぬっています。

毎日保湿ケアしているのに
娘のおでこの湿疹は消えません。
気づけばいつもおでこをボリボリかいています。


iMDCkZF69EeUEkn1487907711_1487907730.png


いくら薬を塗ってもここまでなのです。
これ以上、悪くなる事はあっても
良くなる事がありません。


あと少し。
あと少し「何か」が足りない。
ずっとそう思っていました。


そしてその「足りない何か」にたどり着いたように思います。


それが重度のアトピーの娘さんのために開発された
「みんなの肌潤糖」。


LrJXxqNx4r8S0xo1487930636_1487930688.jpg


なんと成分の80%が砂糖(ビート糖)でできていて、
残りの20%は植物性オイルです。
砂糖は保湿浸透力にすぐれているのです。


securedownload (5).jpg


肌潤糖はネットと口コミで有名になり
日本一番売れている砂糖のスキンケア。
2分に1個売れているんだって。


肌潤糖は100%植物由来成分の保湿スキンケアなので
頭皮から足の先まで全身に使えます。
赤ちゃんにも使えるんですよ。


s0ms_caCIRV7tS91429110949_1429110968.jpg


全身に使えるとは頼もしい。
さっそく娘で試してみました。


肌潤糖1日目。


4IURc3buNjUNjy21487932667_1487932691.jpg


あら?酷くなってる?
赤みが目立つ。
でも何だかおでこ全体がツルンと潤っている?
あれ?娘がおでこをボリボリかいてない?!


これは続けてみよう。ε-(`・ω・´)フンッ


肌潤糖使用1週間後。


2nvPXVzZOAKNa5k1487907558_1487907591.jpg


赤みと湿疹が消えている?!∑(=゚ω゚=;)


娘は3歳の頃が一番アトピーの症状がひどくて
現在はましになりましたが、
おでこの赤みと湿疹は常にでいていました。


勿論、肌潤糖とステロイドを併用して使っていましたが、
こんなに綺麗に赤みと湿疹が治まったのは初めてです。


ついに「足りなかった何か」にたどり着きました。
これからも「みんなの肌潤糖」を使い続けます。


乾燥肌かゆい.biz










posted by yume at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

赤ちゃんにもつかえる保湿スキンケア用品。

「みんなの肌潤糖」は保湿スキンケア用品。
なんと成分の80%はビート糖と言われる砂糖です。


EqVEclvPjL42Qv61487925672_1487925750.png


砂糖は保湿に必要な2つの力に優れているのです。

●浸透力 (自然に溶け込み、なじんでいく力)
●吸収・保湿力  (水分を取り込んで外に逃さない力)


肌潤糖は北海道のビート糖が原料です。


18bJzvx31CLdyaT1487906945_1487907350.png


残り20%は肌を傷めないように
砂糖をコーティングした植物性オイル。


ビート糖と植物性オイル。
これだけでできています。


シンプル故に原料や加工にこだわっています。


通常の砂糖は角がとがっていますが
肌潤糖は特殊技術を開発して砂糖の角を丸く加工。
その砂糖を植物性オイルでコーティングして
赤ちゃんの肌にも馴染むように作られています。

肌潤糖の砂糖は丸い球体なのです。


0v3YMKeTEufPnCW1487907389_1487907441.png


肌潤糖は水を加えてペースト状にしてから
使用するのですが、肌にのせた時は
砂糖のつぶつぶが残っています。


3PEdh3Scq0AJPYX1429110870_1429110888.jpg


指の腹でくるくると回して
優しく肌に馴染ませていくと
砂糖のつぶつぶは溶けていきます。


個人差があると思いますが
砂糖スクラブの状態で肌に馴染ませる工程が好きなの。
乾燥肌でかゆい肌にほどよい刺激なのです。
(※あくまでも私個人の感覚です)


で、ほどよい刺激の中でマッサージしているうちに
砂糖のつぶが溶けて肌の内部に浸透するような感覚が大好きです。


肌潤糖を使用後の肌は肌の内側はモッチリと潤い、
肌表面はしっとり潤います。


毎日の保湿スキンケアに・・・。
乾燥肌や敏感肌の方に
肌潤糖はおすすめです。


肌潤糖を使用した感想はこちらの記事です。



乾燥肌かゆい.biz





posted by yume at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

乾燥肌は肌トラブルの元。

以前、化粧品カウンターの美容部員の方に聞いた話しですが、生魚と干物の魚。焼くと干物はすぐに火が通るけど生魚は焼けるまでに時間がかかりますよね?それは生魚は水分をたくさん含んでいるから。水分を蒸発させるのに時間がかかるのです。

それと同じことが「肌の日焼け」でも言えるそうです。乾燥した肌はすぐに水分が蒸発して日焼けしやすく、潤いを含んだ肌は日焼けし難いそうです。


e_TfLdlF14iQ1fx1488015640_1488015649.jpg


言われてみるとすごく納得。そうか、そんな単純な事なんだ。一生懸命化粧して、日焼けクリームをたっぷり塗って、帽子かぶって日焼け対策しても、元々の肌が乾燥していたら化粧品も日焼けクリームも肌の負担を増やすだけだと思いませんか?

日焼け対策をするのは乾燥肌を改善してからの方が良いと思いませんか?

乾燥肌の原因は肌バリア機能の低下により起こります。

肌の角質層は本来、外部の刺激から肌を守るバリア機能の働きがありますが角質層に隙間ができます。隙間があるために刺激となるアレルゲンや紫外線が肌の内側に浸透しやすくなります。

1OKy95VzNnAqudm1488003891_1488003952.png


その結果、肌が敏感になり気温の変化や服の素材・摩擦でさえ刺激となり、肌のかゆみ・赤み・湿疹のような肌トラブルが起こるのです。


AACEG0SGp4tzCzt1488016125_1488016162.jpg


乾燥肌対策は簡単。肌の角質層に潤いを届けて保持すれば良いのです。そこで乾燥肌におすすめなのが「みんなの肌潤糖」。肌潤糖は重度のアトピーの娘さんのために開発された保湿スキンケア用品です。


C_j0t_D2w1cxDbt1369897863_1369897984.png

肌潤糖は一度の使用で潤いが実感できます。詳しくはこちらの記事です。↓
乾燥肌かゆい。これがおすすめ。


乾燥肌かゆい.biz










posted by yume at 19:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする