2017年05月07日

乾燥肌でかゆい!!1年中続くかゆみに肌潤糖。



乾燥肌と聞くと冬を思い浮かべるけど
夏でも肌は乾燥しますよね?!(-"-;)

k1VSZjOGa9lrG7t1488015673_1488015698.jpg

・・・てか、冬より夏の乾燥肌の方が深刻じゃないですか?

まずは日焼け。
日よけクリーム塗ったり、日傘さしたり、
長袖着たり、アレコレしているけど日焼けは容赦なく襲ってくる。

日焼けすると乾燥肌でかゆい!
なんかチクチクするかゆさなんですよね。
それでかくとヒリヒリする。

かゆい→ヒリヒリ→かゆい→ひりひり

の無限ループ。

でもね!
この無限ループを断ち切ってくれるのが
「みんなの肌潤糖」

7reGvCZyUnc23jA1494151844_1494151850.png

みんなの肌潤糖は重度のアトピーの娘さんのために開発された保湿ケア用品。
全成分が自然由来のものなので肌に優しく全身に使えます。
赤ちゃんにも使用できます。

肌潤糖の主成分は砂糖。
砂糖は保湿浸透力が優れていて肌の奥に浸透して潤いを届けてくれます。

煮豆も砂糖を入れて煮ると柔らかくてふっくらしますよね。

XsbpBkksDl8jEsF1488010780_1488010800.png

肌潤糖使用後の肌もそのイメージです。
潤いを含んだ肌はモッチリして柔らかくなるの。
私個人の感覚ですが肌が2mmほど厚くなるような感じ。
ほっぺたに指を当てて「天使の輪っか」がつくれるんじゃないかと思うほど。

Qp3hcBRF7GBMwsd1494151069_1494151111.jpg

夏の日焼けした肌におすすめです。

そして冷房による乾燥。
これも辛いですよね。
肌がガビガビになるの。

化粧していると乾燥で肌がガビガビになっても
なかなか化粧直しするタイミングがないじゃないですか。

で、スプレー式の美容液をシュッ!と吹きかけるけど
数分後にはやはり肌が乾燥してしまう。

でも肌の内側が潤っていれば冷房による乾燥も平気ですよね。
肌潤糖は肌の内側から潤うのでオールシーズン使えます。

肌潤糖の詳しい使い方はこちらの記事です。

乾燥肌かゆい。これがおすすめ


簡素肌かゆい トップ>>>






posted by yume at 19:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。